楽に設定!もっとアイデンティティ!理想のアイコンを設定!

>

そのアイコンちょっと待って!危険なアイコン

そのアイコン、もしかして危ないかも?

「あ、このキャラクター大好き!アイコンにしよう!」

ああ、それ、実は犯罪行為になるかもしれないんです。
「著作権違法」って、聞いたことありませんか?

キャラクターやネットで見つけた画像にはどれも誰かが作ったものであり、「著作物」なのです。
もし相手の承諾なしにアイコンに設定してしまうと、問題が発生することもあるんです。
自身で楽しむだけならいいのですが、SNSのアイコンにしてしまうと「公衆送信」というものに該当し、著作権違法になる可能性があります。

著作権を主張されない限りは違法になることはありません。
しかし、やはり危険は危険ですので、どうしてもその画像を使いたいときは相手にきちんと許可を取るようにした方が安全です。

安易な気持ちはダメダメ!

「この自撮り可愛い!」
その写真のあなた、本当にいい笑顔ですね!
しかし、そこにも落とし穴があるんです。

さあ、あなたのSNSのプロフィール欄を見てください。
もしかして、個人情報がダダ漏れではありませんか?
どこの学校、職場、何歳なのか、性別、住所、電話番号。
そこにあなたの写真を載せたらどうなると思いますか?

昨今、他人の個人情報を悪用する事件が増えています。
あまり自分の写真を公開しすぎるのは控えた方が賢明でしょう。

また、集合写真をアイコンにする場合は、同じ写真に映っている人に、アイコンにしてもいいかどうか、許可を取ってからにすると後腐れがなくなって良いと思います。

大事な自分と友人を守るために、常日頃から気を付けましょう。


この記事をシェアする